池田社長の特別授業 | LESSON

#65

「本当の思いを短歌にしよう」

 ゲスト講師:枡野浩一(歌人)

講義内容・あらすじ

『今回の 東京号泣 教室は TPDが 短歌を詠むよ』…のように “五・七・五・七・七” で表現する「短歌」に挑戦!
講師は「世界一売れている現役の男性歌人」とも言われる枡野浩一氏。
普段は言えないメンバーへの本当の思いを「短歌」に込めて送ります!


枡野浩一(ますのこういち)

1968年東京生まれ。1995年に応募した第41回角川短歌賞で、審査員5人中4人の最高得票を受けながら落選、このことが雑誌やテレビに取り上げられ話題となる。古語を使わない口語短歌が主な作風で若者から圧倒的な支持を集め、糸井重里氏から「かんたん短歌」と命名される。その活躍の場は歌壇のみにとどまらず、小説・コラム執筆、テレビ・演劇・映画出演など多岐にわたる。『ドラえもん短歌』(小学館文庫)など公募短歌を集めた編著も。2013年春より高校国語教科書(明治書院)に短歌掲載。

#64

「女子でも楽しめるDIY」

 ゲスト講師:番匠智香子(DIYアドバイザー)

講義内容・あらすじ

今回の講師、DIYアドバイザーの番匠智香子さん。かつては「日曜大工」といわれ男性の趣味とされていたモノ作り=「DIY」が、
今、女性の間で大ブーム。女性専門のDIY教室も全国で盛んに開かれています。大学の美術工芸科で木材工芸を専攻し、卒業後、
DIYアドバイザーの免許を取得。電動工具メーカーを経て、現在は「DIYアドバイザー」として活躍する番匠先生から指導を受け、
TPDメンバーが初めてのDIYとなるオリジナル表札作りに挑戦します!

番匠智香子(ばんしょうちかこ)

大学の美術工芸科で木材工芸を専攻。卒業後、家具作家の下で制作を学び、オリジナル家具制作を行う。1999年にDIYアドバイザー免許を所得後、電動工具メーカーに勤務。スウェーデン留学時に現地の家族を訪ね、愛情あふれる生活に触れる。子ども達のために両親が、奥さんのためにご主人がと、お互いを思いやるDIYに愛情を感じ、その感動を伝えていきたいと思うようになる。その後、家族が楽しめる木工をテーマに、木工教室や雑誌等にデザインや作り方、道具の使い方を紹介、木工教室の考案を行っている。

#63

「発想をぶっとばそう!」

 ゲスト講師:東學(絵師 アートディレクター)

講義内容・あらすじ

今回の講師は「平成の浮世絵師」ともよばれる、絵師・アートディレクターの東學さん。墨を使った数々の「墨画(bokuga)」を制作。
演劇・舞台のポスターやチラシのデザインも多数手掛け、「東京号泣教室」のタイトルロゴを手掛けるなど、池田社長やTPDとも
縁のある東先生からのアドバイスを受け、TPDメンバーが“発想をぶっ飛ばして”CDジャケットのデザインに挑戦します!

東學(あずまがく)

「平成の浮世絵師」と呼ばれる扇墨絵師にして、日本の演劇・舞台シーンで活躍する異端的アートディレクター。絵師であった父のもと幼い頃から絵筆に親しむ。14才から3年間米国留学。当時の作品『フランス人形』はニューヨークのメトロポリタン美術館に永久保存されている。2003年、ニューヨーク『MEGU』装飾画として遊女二十体を描いたのを皮切りに数多くのファンが生まれ、2007年には初の墨画集『天妖』(PARCO出版)を刊行。現在、日本を拠点に年2~3回のペースで展覧会を開く。

#62

「バカバカしいことを真面目に!」

 ゲスト講師:和田ラヂヲ(漫画家)

講義内容・あらすじ

今回の講師は、数々の雑誌に連載を持つ、漫画家の和田ラヂヲ先生。 絵の上手い下手よりネタで勝負、
味わい深いシュールな笑いを得意とする先生が、TPDメンバーに漫画の猛特訓!ギャグ漫画の発想法と描き方を習い、最後には、
和田先生と一緒にTPDが「ギャグ漫画大喜利」にチャレンジする!

和田ラヂヲ

1964年生まれ、愛媛県松山市出身。1991年、週刊ヤングジャンプに『イキナリどうだ』でデビュー。出版社にFAXで送った原稿を、そのまま掲載する“FAXまんが”の第一人者としての地位を確立。主著:『スカの群れ』(集英社)『和田ラヂヲのここにいます。』(集英社)『ロッキンラヂヲ(タリム盆地)』(ロッキング・オン)『ハロー!和田ラヂヲ』(集英社)『がんばれ!和田ラヂヲ』(集英社)『和田ラヂヲの嫁に来ないか?』(集英社)など多数。現在『猫も、オンダケ』(KADOKAWA)をwebコミックサービスComicWalkerにて毎週配信中!

#61

「自分の身は自分で護る!」

 ゲスト講師:東山一恵(全日本護身ビクス協会最高師範)

講義内容・あらすじ

TPDよ、自分の身は自分で護るのだ!
今回の講師は、護身術とエアロビクスを融合した「護身ビクス™」の生みの親、東山一恵先生。
安全な暮らしが手に入るばかりか、健康的でしかも美しくなれる!さぁテレビの前で一緒にやってみましょう!

東山一恵(ひがしやまかずえ)

幼少期から病弱で体が小さく、多々の危険に遭遇。健康で強くなりたいと願い、病気や肥満の経験から体質改善を目指し、健康法と護身術をマスター。日本成人病予防協会健康管理士上級指導員、整体師、運動療法、美姿勢&骨盤調整ウォーキングなど様々な資格習得。1997年オリジナルエクササイズ「生活の中でのキケンや病気から身を守る“護身ビクスTM”」を考案。笑顔の絶えない犯罪のない社会を目指すため“安全な生活と健康に強く美しくハッピーに”をテーマに様々なプロデュース・講演活動を行っている。 ※『護身ビクスTM』は、登録商標です。勝手に使用することはできません。